Now Loading...

施策の内容~その11≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(11)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ① 犯罪の起こりにくい、安全で安心して暮らせる社会の構築(5)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その11≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(11)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ① 犯罪の起こりにくい、安全で安心して暮らせる社会の構築(5)

2018年04月01日日曜日

[2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】

① 犯罪の起こりにくい、安全で安心して暮らせる社会の構築(5)

【目標】 犯罪の起こりにくい安全で安心な地域社会をつくります。

~県民一人ひとりが日々安心して生活が送れるよう、犯罪が起こりにくく、交通事故に遭わない、くらしの安全・安心を実感できる社会づくりを進めます。~

Ⅰ-2- ① -8 相談対応の充実
県民の立場に立った相談対応の充実を図るため、相談内容に応じて関係する部門が緊密に連携して対応するなど、組織的な対応を強化します。
また、女性の相談窓口では女性警察職員が相談に応じるなど、相談者の心情に配慮して、警察に相談しやすい環境の整備を図るとともに、関係機関と連携した相談者支援活動を推進します。

・警察に相談しやすい環境の整備
・関係機関・団体との連携強化による相談者支援活動の充実
・女性相談者等の心情に配慮した相談対応の推進
・相談に係る広報啓発活動の推進

Ⅰ-2- ① -9 DV・ストーカー防止と被害者支援の充実
DV防止に向け、県民一人ひとりがDVに対する正しい理解と認識を深めるための広報・啓発や若者を対象とした予防教育に取り組んでいきます。
また、県内各地域において、相談から自立に至るまでDV被害者の状況に応じた様々な支援が実施できるよう、市町村などの関係機関との一層の連携を図り、支援体制を強化していきます。
さらに、DV・ストーカー事案は、事態が急展開して重大事件に発展するケースもあることから、加害者の検挙、指導・警告を早期に実施するほか、被害者等の安全の確保を最優先として、防犯指導や関係機関との連携による一時避難の支援などの保護対策を推進します。

・DVを許さない社会に向けた啓発・教育の推進
・安全で安心できる相談・一時保護体制の充実
・DV被害者の自立に向けた支援
・DV被害者の子どもの安全確保と健やかな成長への支援
・市町村におけるDV対策の促進
・DV被害者支援のための体制強化
・DV・ストーカー事案等への迅速・的確な対応
・DV・ストーカー被害者の保護対策の推進

Ⅰ-2- ① -10 県民生活を脅かす犯罪の徹底検挙
安全で安心できる県民生活を確保するため、殺人・強盗・性犯罪などの凶悪犯罪をはじめ、侵入窃盗・自動車盗・ひったくりなどの悪質な窃盗
犯や電話de 詐欺など、県民生活を脅かす犯罪の徹底検挙に努めます。
また、科学捜査力の強化に向けて、現場鑑識活動の強化や各種鑑定の積極的な実施に取り組むほか、優れた捜査官の育成や各種犯罪捜査支援システム等の捜査資機材の拡充を図るなど、捜査基盤の整備を推進します。

・凶悪犯罪の徹底検挙
・重要窃盗犯及び連続的に発生する窃盗犯捜査の推進
・「電話de 詐欺」撲滅のための取締りの強化
・科学捜査力の強化
・捜査基盤の整備

 

 

次の記事

施策の内容~その12≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(12)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ① 犯罪の起こりにくい、安全で安心して暮らせる社会の構築(6)

http://news.onionworld.jp/news/post/65487

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465