Now Loading...

今年はどうする?クリスマスケーキ イロイロ!

千葉県全域

2013年12月20日金曜日

WEBリポーター投稿

2013年12月20日金曜日

今年はどうする?クリスマスケーキ イロイロ!

a0800_001221

こんにちは。
オニオンワールド・WEBリポーターです。
今週もWEBから集めた様々な千葉情報をゆる~く紹介いたします。
 
今週のテーマは「今年はどうする?クリスマスケーキ イロイロ!」です。
 
クリスマスには欠かせないクリスマスケーキ
定番のケーキから個性重視のケーキ、あまり聞かない海外のクリスマスケーキ事情まで。
気になるアレコレを、千葉県内にあるケーキ屋さんとともにご案内!
 
 

まずは定番!

 

ショートケーキ

土台にスポンジケーキ、つなぎと外装にホイップクリーム、そして味付けや飾りにイチゴを使った定番のケーキ。
定番なだけに需要は高く、本来初夏(5~6月)が旬のイチゴが、クリスマスケーキのために12月頃から店頭に並ぶ事も……。
クリスマスだけでなく、誕生日や日常のデザートでも需要が高く、最も身近で馴染みのあるケーキ。
迷った時はこれを買っておけば間違いはない、はず。
写真引用:菓子工房アントレ(食べログ)
 
 

チョコレートケーキ

主要材料にチョコレート、もしくはココアパウダーを含んだケーキ。
表面にチョコレートクリームを塗ったものや、チョコレートでコーティングしたものなど様々な見た目のものとそれに見合った呼び名があるけれど、全体的にチョコレート色をしていれば立派なチョコレートケーキ。
お子様に「チョコレートケーキ!」とだけリクエストされた場合も、呼び名に惑わされず「チョコレート色をしたケーキ」を探せば大丈夫かと。
写真引用:株式会社 シェ・タニ
 
 

個性を求めるならコレ!

 

お絵かきケーキ

ケーキの上にイラストを描いてくれるサービス。
資料になる写真やイラストを持っていくと、職人がそれをケーキの上に再現してくれます。
世界に一つのオリジナルケーキでクリスマス、ロマンティックですね♪
写真引用:ル・パティシエ ヨコヤマ
 

アイスケーキ

スポンジからクリームまで。すべてアイスクリームでできてるケーキ。
フレーバーの組み合わせ次第では普通のケーキにはあり得ない、華やかな色合いのケーキになります♪
クリスマスディナーをいただいた後にスポンジケーキは重くても、アイスなら意外と食べれちゃうかもしれませんね!
写真引用:魁ジェラートアイスクリーム
 
 

千葉県民ならコレ!

 

ミルフィーユ

パイ生地を重ねて作る、フランス生まれのケーキ。
フランス語で「ミル」は「千」、「フイユ」は「葉」を意味していて、一般的には「千枚の葉」という意味だと理解されています。
千枚の葉で千葉。千葉県民のみなさん、今年のクリスマスにミルフィーユはいかがですか?
写真引用:モンペリエ(ニナのケーキワールド)
 
 

海外のクリスマスでは……

 

ブッシュ・ド・ノエル(ビュッシュ・ド・ノエル)

フランスで「クリスマスの薪」と言う意味のケーキ。
なぜ「薪」の形を模したケーキになったのかについては色々な説があり、中には「恋人へのクリスマスプレゼントも買えないほど貧しい青年が、せめてもと、薪の一束を恋人に贈った事に由来する」というロマンティックなものも。
恋人とクリスマスを過ごす際にピッタリなケーキかもしれない。
写真引用:幕張スイーツファクトリー~プティマリエ~
 

シュトーレン

ドライフルーツやナッツが練りこまれた生地を焼き、表面に砂糖をまぶしたドイツの伝統的な菓子パン。
日本でも、ケーキやよりもパン屋で見かける事が多い。
ドイツではクリスマスを待つ間に、薄切りにしたシュトレンを一日一切れ食べるそうで、クリスマスが待ちきれないお子様たちにぴったりなお菓子かも??
写真引用:パティスリーアンビション
 

クグロフ(写真右)

オーストリア、スイス、ドイツ、フランスのアルザス地方の焼き菓子。
クグロフ用の型にアーモンドとレーズンを入れ、ブリオッシュ風の生地を入れて焼き上げたもので、特にオーストリアではクリスマス時期に必須のお菓子。
独特な形がおもしろいですね♪
写真引用:シェ・マディ(食べログ)
  

クリスマスプディング

イギリスの伝統的なクリスマスケーキ。
プティングと言う名から、プリンのような食感を想像するかもしれませんが、実物はもちもちの生地にドライフルーツがぎっしりと詰まった濃厚な味わいのケーキ。
家族全員で願い事をしながら生地を混ぜたり、蒸す前の生地に指輪やコイン、指貫などの小物を混ぜ込んだりする場合も。
クリスマスプティングが食べられるお店を探しましたが、あまり情報が見つからず……出会える確率が高そうな場所は輸入ショップとなりました。
後はハロッズやフォートナム・アンド・メイソンなど、イギリスでも有名な紅茶ショップのクリスマス商品あたりでしょうか。
写真引用:wikipedia
  

パネットーネ

こちらは、イタリアの伝統的な菓子パンの一つでミラノの銘菓。
特殊なパネットーネ酵母をもちいて発酵させたブリオッシュの生地の中に、ドライフルーツなどを混ぜ込んだドーム型の菓子パン。
非常に日持ちがよく、室内保存で3か月から半年以上保存できるとか!
ただしこのパネットーネ酵母、大変育成が難しい希少品。調べてみたけれど千葉県内ではあまり情報は得られず。
そのかわり、お隣東京都に行けば有名なパネットーネメーカーであるCOVAの店舗があるみたいです!
写真引用:COVA Japan
 

トゥロン

アーモンドとはちみつ、さとう、卵白をベースに作るスペインの伝統お菓子。
クリスマスの風物詩と言えばトゥロン!と言われるほどで、年間売上のうち約85パーセントはクリスマスシーズンに売れているのだとか。
味は甘くて濃厚。カロリーが気になるお味なのについつい手が伸びるおいしさ!
ただし日本ではあまり知られていないので、手に入れられるかは運しだい。
買えないなら、作るしかない!というハンドメイド派の方のためにレシピを見つけてきました♪
写真引用:スペインリビング(レシピもこちら)

この記事に関連するタグ

千葉県全域