Now Loading...

保存版「大切な歯を抜かないでよかった」 『骨再生』による治療法について

千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀・四街道

2017年05月27日土曜日

オニオン新聞社投稿

保存版「大切な歯を抜かないでよかった」 『骨再生』による治療法について

2017年05月27日土曜日

「骨再生」という言葉をご存じですか?歯周病などの歯周病菌が原因で歯を支えている骨が溶けてしまう場合があります。このような状態になると歯はグラグラになり噛むことすら困難になってしまい殆どの場合、抜歯という選択をします。

しかしできる事なら「自分の歯を残したい」と希望する患者さんもが殆どです。どこで抜かなくてはいけない状態の歯も噛み合わせや特殊な根の治療をすることで「骨再生」させる可能性のある治療法について木島歯科医院の木島先生にお話を伺いました。

先生は日本レーザー歯学会専門医で且つ、保存治療専門医(虫歯の治療、歯周病、歯の根の治療の専門医)であり、大学での学生教育や講演をしたり、東京医科歯科大学大学院にて、レーザーを用いて虫歯を防ぐ方法や、歯周病で動揺している歯の再生(骨の再生)の研究を続け、学会発表や各地で公演をされています。

【写真①】破折や歯の根の病気により歯の動揺が見られ、本来なら100%抜歯しなければならない状態です。しかし「歯を抜かずに残したい」と願う患者様の要望から、レーザーにより骨を再生する治療を開始しました。

【写真②】治療後約2年で、驚くほど良い状態になり、感染した組織および根管内の細菌を除去し、レーザーの照射を繰り返すことで骨再生らしきものが出来てきました。患者様も大切な歯を抜かずに済んだことをとても喜んでいました。但し、健康状態を保てなかったり日々のブラッシングを怠ると再び骨の吸収が起きて元に戻ってしまうことがあります。骨再生は大変難しい治療法です。諦めることなく治療に向き合う患者さんの努力と、医師の経験と技術により生まれた結果ですが全てが上手くいくとは限りません。主治医とよく相談のうえ納得して治療することをおすすめします。

千葉市美浜区真砂2-2-7 木島歯科医院 
当院ホームページをリニューアルしました。公開日確認
http://kijima.dental/