Now Loading...

冬に多い病気…尿石症

東金・山武・八街

2017年01月19日木曜日

オニオン記者投稿

冬に多い病気…尿石症

2017年01月19日木曜日

冬に多い病気…尿石症

寒くなってから『トイレとは別の場所におしっこをするようになったなぁ』『おしっこが出にくい気がするけど大丈夫かな?』と思うことはありませんか?それは病気のサインかもしれません。冬に多い病気として尿石症があげられます。寒い時期にはお水を飲む量が減るため、尿の量も減り、尿石ができやすくなります。体質や性別、動物種にもよりますが、特にオスの猫ちゃんは要注意です。猫ちゃんは元々お水を飲む量が少ないので、尿のトラブルにつながりやすい
傾向があります。尿路に石がつまり、急性腎不全となり、亡くなってしまうこともあります。定期的な検診、特に尿検査をすることで早期発見につながり、悪化する前に予防することが可能です。また、生活の指導をさせてもらうだけでも改善できるかもしれません。尿石症は悪化した場合、腎不全に陥ることもあれば、手術が必要になる場合もあります。病気は早期発見と予防が重要です。定期検診はお話を聞かせてもらうことから、血液検査、尿検査、画像検査まで、ご希望に沿って幅広く実施致します。病気になってからではなく、ならないために検診や予防に力を入れていきましょう。また、おしっこの調子がおかしいと感じたら早めに病院に行きましょう。病気も早く見つけることが重要です。ご来院お待ちしております。
担当/三瓶獣医師

本院センター病院
東金市東上宿6-37
猫専用病院
東金市東上宿7-2

保護動物の譲渡会を開催します!
日時:1月29日(日)
13時~16時
場所: 沢村獣医科病院
第2待合室(別館カフェ)


清掃スタッフ募集中

沢村獣医科病院
総合受付 0475-52-3935 http://www.jyu-i.com

この記事に関連するタグ

東金・山武・八街