Now Loading...

なぜか馬に親しめるまち【千葉自慢】

千葉県全域

2016年09月30日金曜日

オニオン記者投稿

なぜか馬に親しめるまち【千葉自慢】

2016年09月30日金曜日

このコーナーは……
千葉のことを千葉以外で自慢できるようにするための千葉の魅力とお慶びごとを一緒に探していくコーナーです。

千葉は乗馬クラブの数が全国一!馬の数は全国の一割547頭。しかも馬を学べる専門学校まで

私も最近まで知らなかったのですが、千葉県は乗馬倶楽部の数が県別で日本一多いのです。(公社)全国乗馬倶楽部振興協会の登録数によるものですが、全国273倶楽部のうち、千葉県内では27クラブも(2位は北海道の21)! ちなみに馬の数でいうと、全国の1割を占める547頭。なぜ、そんなに多いのか取材しているうちにわかってきたことは

【理由①】旧くは鎌倉時代前より、坂東武者のシンボルともいえる房総の豪族千葉氏が軍馬をことのほか大切に扱ったから

【理由②】前述した①の関係もあり昔から放牧が盛んで馬の育成の歴史が深く、今もその跡地などが乗馬倶楽部として使われている。

【理由③】県内には競走馬の休養地としても有名な施設があり、そもそも牧畜が盛ん。馬用の厩舎にそれを再利用すればコスト安で施設を運営できる。など。

ちなみに皇室の馬も千葉から供されるので、「御領」と名付いている地名もあります(富里市御領)。さらに千葉市内の専門学校では全国でも珍しい馬のプロフェッショナルになるための「ホースプロコース」もあるのです!「在校生の半分以上が県外から。就職先は全国規模です」(「専門学校ちば愛犬動物フラワー学園」[中央区]副本部長の千葉さん)と、ホースプロの卵も千葉市内で着々と育ってます。さらに、今年4月には「千葉市馬術協会」まで誕生しています! ここまで聞くと乗馬もしてみたくなりますね(笑)。千葉あそび秋号では、「乗馬クラブで馬に親しむ乗馬体験プラン(3500円)」もこの秋登場しているので一度楽しんでみてはいかがでしょうか?


▲専門学校でも、いくつかの乗馬倶楽部でも人気の「外乗」が経験できるのも千葉市の魅力です(写真提供:専門学校ちば愛犬動物フラワー学園)

■千葉県内の乗馬クラブ一覧
http://www.jouba.jrao.ne.jp/club/chiba_list.html
★一足先に「千葉あそびプラン15」を体験してきました
http://www.baywave.co.jp/modules/special/index.php?id=96
■千葉あそびのプランはこちら
http://news.onionworld.jp/news/post/33181

この記事に関連するタグ

千葉県全域