Now Loading...

オリンピックが開催されるまち【千葉自慢】

千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀・四街道

2015年11月26日木曜日

オニオン記者投稿

オリンピックが開催されるまち【千葉自慢】

2015年11月26日木曜日

このコーナーは……
千葉のことを千葉以外で自慢できるようにするための千葉の魅力とお慶びごとを一緒に探していくコーナーです。

▲4競技の開催が決定した幕張メッセ。最寄り駅の「JR海浜幕張駅」からの更なるバリアフリー化も期待される

パラリンピックも含めると7種が
幕張で開催されることに決定。
日本一暮らしやすいまちに!?

朗報が届きましたね!2020年東京オリンピックにてフェンシング、テコンドー、レスリングの3競技が千葉市幕張で開かれることが決定し、歓喜に沸いた私たちのまち。続いて同パラリンピックも車いすフェンシング、テコンドー、シッティングバレーボール、そしてゴールボールの4競技が同じ幕張メッセで開かれることが今月初頭決定しました。ちばぎん総合研究所の試算によると、これによる県内の経済効果(直接・間接の関連需要合計)は852億円にも上るそうです。まちが経済的にますます活気づくことは間違いありませんが、加えて「国際的な知名度UP」にも十分つながりますね。さらに言えば、パラリンピック競技開催決定でバリアフリー対策も一層進み、日本でも有数の真のダイバーシティ都市作りへの序章がはじまるな、という感もいたします。今後、千葉市の子供たちが大きくなった時に、海外とかに行った時に「千葉市ってどんな街なの?」と聞かれたら「オリンピックも開かれたし、日本一バリアフリーが進んだ暮らしやすいまちなんだよ」って誇らしげに答えられるようになれば、なによりうれしい! 千葉のお慶びごとを提供する「千葉自慢。」担当として切実に思います!