Now Loading...

新ゴボウを使った2品レシピ♪

 千葉県全域

2014年05月29日木曜日

オニオン記者投稿

新ゴボウを使った2品レシピ♪

2014年05月29日木曜日

今月の素材は新ゴボウ

食物繊維が豊富で、腸内をきれいにしてくれるゴボウ。
なかでも新ゴボウは初夏に若採りされるために柔らかく、香りも上品です。
日本では古くから健康によいものとされ、平安時代にはすでに宮廷料理で使われていたようです。
精力増強や糖尿病予防、刻んで風呂に入れて、あせもなど肌のトラブルにも使用されるなど、活用法は様々。
そんな利用価値の高いゴボウの、初夏の味をお楽しみください!

【選び方】

太すぎず細すぎず、根の少ないものを。
表面にヒビやシワがなく、泥付きであれば水分が保たれて比較的新鮮です。

【保存方法】

泥付きのままの方が水分が保たれ日持ちします。
すぐに使わない場合は泥付きのものを洗わずに、そのまま新聞紙などに包んでラップなどで密封。
冷蔵庫のような冷暗所に保存しておきましょう。

【効能】

なんといっても豊富な食物繊維。
腸の活動を整え、腸内をきれいにしてくれます。
体内の毒素を排出してくれるのでがん予防になるともいわれ、便秘、むくみや肌荒れにも効果の期待があります。

新ゴボウと春キャベツのミソ&豆乳クリームパスタ

材料(2人前)/調理時間 約15分

パスタ     200g
オリーブオイル 適量
塩・コショウ  適量(あればコショウは黒)

A
水    300cc
ブイヨン 1つ

B
ゴボウ  15cm(ピーラーでリボン状に)
キャベツ 葉3枚位(一口大)
パプリカ 1/2個(赤)
サヤインゲン、アスパラガス、または青菜 適量(用意できるもので一口大に切る)

C
豆乳 300cc
ミソ 大さじ1

作り方は簡単!

STEP:1

パスタを茹でる。

STEP:2

フライパンにAを入れ、沸騰したらBの野菜を入れる。具が柔らかくなったら混ぜ合わせておいたCを入れる。

STEP:3

パスタを入れ、オリーブオイルを入れてコクをプラス。
青菜などに味がなじむように絡める。
お好みで黒コショウをかける。

新ゴボウ 太めのパリパリさっぱりきんぴら


残った素材でもう1品!

材料

・ゴボウ   20cm
・ゴマ    大さじ2
・てんさい糖 大さじ3
・塩コショウ 少々
・油     大さじ1

A
・酢  大さじ1
・醤油 大さじ12

作り方

1、ゴボウを5cm幅にカットし、次に1/6縦にカットする。
2、フライパンに油を入れ、ゴボウを炒める。
3、ゴボウから香りが出たらA、てんさい糖を順に入れ、フツフツしたらゴマを入れて絡ませる。

ポイント:生姜焼きは、香ばしさが出るように焦げ目がつくように焼きましょう。
 
 

監修 伊場優子
千葉県を中心に15ヶ所以上で料理会を開催し、食育の講演なども手掛ける。
『IBA旬菜クッキング』
http://ibachan.com/index.html

この記事に関連するタグ

 千葉県全域