Now Loading...

【茂原市立美術館・郷土資料館】2022年10月イベント情報

  千葉県全域 茂原・いすみ・一宮・勝浦

2022年09月09日金曜日

オニオン編集部投稿

【茂原市立美術館・郷土資料館】2022年10月イベント情報

2022年09月09日金曜日

茂原市立美術館・郷土資料館は、茂原公園内にある、全国的にも珍しい「美術館」と「郷土資料館」の複合施設。公園を散策しながら気軽に芸術文化に触れることができるところも魅力のひとつです。
美術部門では、茂原出身の日本画家 林 功(はやしいさお)をはじめとする郷土にゆかりのある作家の作品が展示されており、郷土部門では、考古・民俗・歴史の3部門を中心に展示され、一般公開されています。
今回は、茂原市立美術館・郷土資料館で楽しめる令和4年10月のイベント情報をご紹介いたします。
 

【美術館】

▼市制施行70周年記念事業 美術収蔵品展「速水御舟(はやみぎょしゅう)~初期作品と素描(そびょう)~」
父親が現在の茂原市出身である、近代日本画の巨匠 速水御舟(1894~1935)の初期作品、素描を中心に、周辺作家の作品等あわせ計35点を展示。

《開催期間》8月27日(土)~10月30日(日)

 

▼市制施行70周年記念事業「林 功(はやしいさお)展」
茂原市出身で、現代日本画壇の俊英作家として名高く、日本美術院展、横の会展等で活躍した林功(1946~2000)の日本画22点を展示。なお、「文芸もばら創刊30号記念 矢部宏画伯 表紙原画展」も同時開催。

《開催期間》9月15日(木)~10月23日(木)

 

【郷土資料館】

▼「近世の名主 高師村宇佐美(たかしむらうさみ)家と立木村(たちきむら)高橋家」
江戸時代より代々名主(なぬし)等を務めた高師村の宇佐美家や立木村の高橋家を例に、村役人を務めた家がどのような家であったのか。支配する領主と支配される村との中間的な存在であった村役人として果たした役割を紹介する。

《開催期間》9月17日(土)~12月18日(日)

 

市民ギャラリー
市民ギャラリーは皆様の作品発表スペースです。(会場使用は有料)

 
《休館日》臨時休館(10/31~11/2、11/30~12/2)、年末年始(12/29~1/3)
《開館時間》9時~17時
《料金》無料(特別展の場合は有料、上記展示無料)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催日時は変更・中止となる場合があります。
※来館の際は、マスクの着用・手指の消毒をお願いします。咳や発熱の症状のある方は来館をご遠慮ください。
※自動車で来館される高齢者、身体の不自由な方は、館の脇に駐車が出来ますのでお問い合わせください。

《お問い合わせ》

茂原市立美術館・郷土資料館
住所:〒297-0029 千葉県茂原市高師1345-1
電話番号:0475-26-2131
茂原市公式HP「茂原市立美術館・郷土資料館ページ」