Now Loading...

暑さを賢く乗りきる!クーラー無しでも実践できる《暑さ対策》

その他の地域 千葉県全域

2019年07月23日火曜日

オニオン編集部投稿

暑さを賢く乗りきる!クーラー無しでも実践できる《暑さ対策》

2019年07月23日火曜日

Close-up Of Thermometer On Sand

近年日本全体で温暖化の影響を受け、夏には猛暑日を記録することも珍しくなくなりました。
熱中症予防にもクーラーは効果的ですが、外出時や停電など、クーラーが使えないときもありますよね。さらに、クーラーを使うまでもない、という涼しい日もあるでしょう。
そこで今回は、クーラー以外でできる暑さ対策方法を3つご紹介します。
クーラーと併用するとより効果的な方法もありますので、ぜひ試してみてくださいね。
 

涼の取れる素材の衣類や寝具を取り入れる

Young man stretching under the sun

近年、清涼感が得られる素材を使用した肌着やシャツを発売するアパレルメーカーも多くなりました。
特に外出時は、やみくもに薄着になるのではなく、体感温度を下げる、またはメッシュ素材などの通気性の良い衣類を取り入れるのも暑さ対策に有効です。
また、夜の寝苦しさを軽くするには、さらりとした肌触りの寝具を取り入れましょう。おすすめはリネン素材!
 

凍らせたペットボトルや保冷剤などで身体を冷やす

Icy Ramune on the cheek

人間の身体は血管が通っていて、血管と皮膚が近いところを冷やすと効率的に身体を冷やすことができるそうです。
首や手首、ひじやひざの内側、脇の下などを、タオルでくるんだ保冷剤や凍らせたペットボトルをあてると、血液の流れに沿って身体を冷やし、涼を取ることに有効だそうです。
また、熱中症になった場合にもこの方法は有効です。
夏場の長期間の外出や屋外での活動で熱中症のリスクがある場合には、凍らせたペットボトルや保冷剤を用意しておきましょう。
 

扇風機を効率よく使う

Young woman relaxing under the air fan at home

クーラーではなく扇風機を使って涼をとる方法です。
暑いときには、扇風機の前に氷水を入れたバケツやたらいを置いておきます。中の水が蒸発するときに発生する「気化熱」には周りの空気を下げる働きがありますので、気化熱を利用して扇風機の風をより冷たくする方法です。
ほかにも、外の方が中の気温よりも低い場合は、窓を開けた前に扇風機を置き、外の冷たい空気を部屋の中に送り込むようにするのも有効です。
 

まとめ

無理なく涼をとって夏を乗り切ろう!
クーラー以外で涼しくなれる暑さ対策方法を3つご紹介しました。
クーラーの使い過ぎで冷やしすぎてしまうと身体に悪影響なのでは?と気になる時や電気代の節約にも、クーラーを使わない暑さ対策は有効です。
でも、猛暑の中でクーラーを我慢して無理をしすぎると熱中症のリスクもあります。
上手にクーラーとクーラー以外の暑さ対策を併用しつつ、暑い夏を乗り切ってくださいね。

この記事に関連するタグ

その他の地域 千葉県全域