Now Loading...

カレーが次々にできるまち【千葉自慢】

カレーが次々にできるまち【千葉自慢】

2018年10月26日金曜日

このコーナーは……
千葉のことを千葉以外で自慢できるようにするための千葉の魅力とお慶びごとを一緒に探していくコーナーです。

サツマイモや海苔など。
ご当地食材のカレーが
幕張で次々に誕生

幕張エリアではいま、カレーでのまちおこしが一気に進んでいて、目が離せません。「サツマイモ」「ホンビノス貝」「海苔」「ニンジン」の幕張にちなんだ4種の食材から最低一つを材料として使うルールのもと、この9月から11店の飲食店主らが開発にいそしんでいます。それらの食材は「千葉県で栽培、採収されたもの」限定という条件もあり、「地産地消」の精神も宿っています。この集まり「幕張カレー会」は飲食店に加えて、ホテルや大学の学食などとメンバーは多彩。「もともとは飲食で幕張を盛り上げよう、ということからはじめた」というこの会が、なぜ特化した先が「カレー」なのか?「幕張の特徴を皆で語りあった際に、「国際色豊か」「新しいものと旧いものが共存している」「若い人も年配の人も元気」など、多彩で多様な顔が見えてきたから、それなら「カレーだな」と(笑)。このように語るのは中心人物の「ホテルメイプルイン幕張」の宮地香緒里さん。

私もそんな通称幕張カレーのひとつ、いまレトルトで売り出しているサツマイモ入りのカレー「幕張芋神様カレー」をいただきましたが、とってもおいしかったのです。複雑な香辛料のハーモニーの中に、サツマイモの甘味が溶け出し、フルーティーさも感じる、実にお見事な味!これを機会に大勢の方々が幕張でカレーを食べ歩くようになったら最高の「千葉自慢」ですね~。

▲カレーはインド料理に加えて、フランス料理、和食、中華と様々なジャンルに汎用できるので、実に「新商品を作りやすい」結果となったそう!メンバーのみなさんの専門の食分野も多彩です

■幕張カレー会(運営:マクスタ[幕張実業㈱])
問合せ:☎043-275-6611
http://blogs.makusta.com/curry/

 ■過去の千葉自慢の記事はコチラをクリック>>>