Now Loading...

2018年の中秋の名月は9月24日◎たまにはゆっくり月を見上げてみませんか?

    千葉県全域

2018年09月04日火曜日

オニオン編集部投稿

2018年の中秋の名月は9月24日◎たまにはゆっくり月を見上げてみませんか?

2018年09月04日火曜日

2018年の中秋の名月は9月24日。「うさぎが餅つきをしているように見える」「お団子とススキをお供えして月を見る…」そんなイメージの十五夜ですが、実際のところどんな行事なのか?十五夜のアレコレを調べてみました。なお、月が昇るのは17時半頃、一番高くなるのは23時過ぎだそう。やっと少し涼しくなるこの季節、お月見をするのはいかがでしょうか?

◯ 中秋の名月とは?

旧暦の8月15日の月のことを言い、団子、ススキ、里芋、サツマイモなどを供えて月見をします。「中秋」とは秋(7~9月)の真ん中(8月15日)という意味で、「仲秋(8月)の名月」とは、意味の違いがあるようです。2018年新暦では9月24日で、満月自体はその翌日の9月25日ですが、中秋のこの日は空気も澄み星も少なく、一年で最も月が美しく見える日と言われています。この日に月見をする風習は平安時代に中国から伝わったようですが、東アジアではそれ以前から里芋の収穫祭がある地域が多く、日本でもその日に里芋を食べていたそうです。中秋の名月が「芋名月」と呼ばれるようになったのはこういった習慣からのようですね。また、「十五夜」とも呼ばれます。「十五夜」は季節に関わらず旧暦15日の夜のことですが、一年で最も美しい月を見られる日と言われることから、特に中秋の名月を指す言葉でもあります。他にも、六曜では必ず仏滅になることから「仏滅名月」と呼ばれることも。

◯ お供えものは?

「芋名月」という別名ではありますが、他の収穫物全般を含めて祝う意味合いもあります。お供えものとして思い浮かぶ団子やススキはそこから。団子は穀物の収穫に感謝して米の粉から作ったことが始まりで、ピラミッド型に積み上げる団子の数は、その年の満月の数である「12個(閏年は13個)」や、十五夜だから「15個」など諸説あり。ススキはこの時期にはまだ実って  いない稲穂の代わりと言われる他、茎が中空なことから神の代になる  とされているそう。また、切り口が鋭いことから魔除けになるとされ、お月見後は収穫物を守り翌年の豊作を願う意味で庭に立てたり軒先に吊るす風習もあるようです。他にもこの時期の野菜や果物をお供えすることも良いとされ、葡萄などの蔓があるものは月と人の繋がりが強まり、縁起が良いと言われているそうです。お供えした後で食べると神様とのご縁が深まるそうなので、季節の食べ物はお供えしてから食べるのも良いですね。

◯ 月見のいろいろ

月見の際には歌を読んだり景色と合わせたりなど、古来より様々な楽しみ方があったようです。例えば京都の桂離宮は月を見るために設計され、足元にしぼった灯り、月と月の映る池を一望できる月見台など、昔の人の月への思いが感じられます。そして、実は十五夜の翌月に、中秋の名月に次いで月が美しいと言われる「十三夜」があり、「後の月」や、栗や豆をお供えすることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれ、十五夜と十三夜のどちらかにしか月見が出来ないのは「片見月」「片月見」と言い、縁起が悪いとされて い た よ う で す 。更 に そ の 翌 月 に は「 十 日 夜( と う か ん や )」と い う も の も 。この日は月見というより収穫祭がメインのようですが、この3夜に月見が出来ると縁起が良いのだとか。十五夜の翌日は「十六夜(いざよい)」。十五夜より遅い時間に昇ることから「ためらう」意味の「いざよう」からきた呼び名だそう。名月の翌日にためらうように出てくる満月だと思うと見る気持ちも変わりますね。空気が澄んで星の少ないこの季節、昔の人達のように月に思いを馳せるのもステキ。

この記事に関連するタグ

    千葉県全域