Now Loading...

9月は十五夜!お月見をしながら食べる月見グルメ特集【2018年度版】

      千葉県全域

2018年09月04日火曜日

オニオン編集部投稿

9月は十五夜!お月見をしながら食べる月見グルメ特集【2018年度版】

2018年09月04日火曜日

9月といえば十五夜。日本には中秋の名月を楽しむお月見の文化があります。とはいえ、十五夜や中秋の名月はいったいいつか分からない、お月見団子以外に食べるものってあるの?と気になる人も多いですよね。今回は、お月見の日時やお団子などのグルメを始めとした、お月見の楽しみ方をご紹介します。

◯お月見はいつする?十五夜や中秋の名月とは?

お月見をする日といえば、十五夜や中秋の名月の日、と呼ばれています。このふたつの違いについて見てみましょう。まず、十五夜とは旧暦の毎月15日の満月の夜を指します。つまり、9月に限らず毎月の満月の夜は全て十五夜と呼ばれるのです。そして、中秋とは、旧暦の秋にあたる7月・8月・9月の中の秋、8月を指すため、中秋の名月とは、旧暦8月15日にあたり、毎年旧暦8月15日がお月見を楽しむ日となるのです。なお、旧暦を今の暦に直すと毎年の日付が異なるため、今年2018年の中秋の名月は9月24日月曜日になります。

◯お月見や月見団子の意味とは? 

お月見は元々平安貴族が月の美しさを楽しむイベントとして開かれていましたが、農民たちにとって月の満ち欠けは農作業に欠かせない指標のひとつです。そのため、農民たちの間では、月の神様に日頃の感謝と五穀豊穣を祈る行事として広まっていきました。お月見団子を備えるのは、月の神様へのお供え物としての意味を持っています。元々は魚や野菜などをお供えしていましたが、農作物である米を使ったお供えものとしてあげられること、またお団子の丸みが満月の形と一緒であること、保存も効くなどの理由から、月見団子が供えられるようになったのです。ちなみに、一緒に備えるススキは稲穂の形に似ているため、月の神様をお招きする時の目印となる、依り代の意味があります。

◯お月見しながら食べよう!月見グルメ

お月見しながら食べられる、月見グルメをご紹介します。ポピュラーなのが上新粉を使って作るお月見団子。ちなみに、お月様にお供えした後の月見団子は食べてしまって大丈夫ですので、みたらし団子やあんこ団子にして食べるのもおすすめですね。ほかにも、卵の卵黄を満月に見立てた「月見メニュー」も人気です。月見ハンバーグや月見うどん、月見つくねなどのポピュラーな月見メニューを夕飯のメニューにすると、お月見気分も盛り上がりますよ。

◯ まとめ ◯

お月見の日時や由来、お月見グルメなどの楽しみ方をご紹介しました。今年の中秋の名月も、お天気に恵まれれば美しい満月が楽しめます。一年に一度しか出会えない中秋の名月を今年は楽しんでみるのもおすすめですよ。

 

この記事に関連するタグ

      千葉県全域