Now Loading...

2018年千葉県の梅雨入り、梅雨明けを平均から予想してみました

  千葉県全域

2018年06月04日月曜日

オニオン記者投稿

2018年千葉県の梅雨入り、梅雨明けを平均から予想してみました

2018年06月04日月曜日

梅雨千葉

6月といえば梅雨の時期。6月のカレンダーも傘やあじさい、雨をモチーフにしたデザインが多いですよね。とはいえ、近年温暖化や異常気象の影響で、梅雨の時期がズレたり、短かったり長かったりすることも増えました。これを踏まえ、本日は2018年の千葉県の梅雨入りはいったいいつなのか、例年の平均値から予想してみました。

 

2017年の梅雨入り・梅雨明けはいつだった?

例年の梅雨入り・梅雨明けのデータは国土交通省・気象庁の公式サイトにて公表されています。ちなみに、梅雨入り・明けともに5日間ほどの「時期の移り変わり」期間が設けられていますが、気象庁ではちょうど中日を梅雨入り・梅雨明けの日として設定しています。また、梅雨入り・梅雨明け宣言は日本全国を沖縄・奄美・九州南部・九州北部・四国・中国・近畿・東海・関東甲信・北陸・東北南部・東北北部の各地方に分けて行われますので、千葉県が属している「関東甲信」地方の梅雨入り・梅雨明けデータを参考にします。2017年の関東甲信地方の梅雨入りは6月 7日ごろ、梅雨明けは7月 6日ごろでした。

 

ここ5年の千葉県梅雨入り時期の平均は?

梅雨画像

次に、ここ5年の関東甲信地方の梅雨入り時期の平均を見てみましょう。2013年は6月10日ごろ、2014年は6月 5日ごろ、2015年は6月 3日ごろ、2016年は6月 5日ごろ、2017年は6月 7日ごろでしたので、だいたい6月初旬の3日~9日あたりが平均値となります。近年では6月に入って数日入ったあたりで「梅雨入り宣言」されるケースが多くなっています。

 

ここ5年の千葉県梅雨明け時期の平均は?

梅雨明け時期の平均はいつくらいでしょうか。続いてここ5年の関東甲信地方の梅雨明け時期の平均を出してみましょう。2013年は、7月 6日ごろ、2014年は7月 21日ごろ、2015年は7月 10日ごろ、2016年は7月29日ごろ、2017年は7月 6日ごろとなっています。梅雨入りに比べて梅雨明けの時期にはばらつきが多く、ここ5年でも7月初旬~下旬と定まっていません。よって、例年の関東甲信地方の梅雨明け時期を参考にすると、7月21日ごろ、となっています。

 

平均値から予想!2018年、千葉県の梅雨入りは?

梅雨少女

平均値から予想すると、2018年の千葉県の梅雨入りは6月初旬の3日~10日ごろであると予想されます。

 

まとめ

千葉県の梅雨入り時期をここ5年のデータを元に算出してみました。梅雨明けの時期は平年でばらつきがあり、梅雨の時期が短くなっている傾向にあるのも分かりました。千葉県にもやってくる梅雨の時期を乗り切ると、暑い夏がやってきます。

 

参考サイト:http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/kako_baiu09.html

この記事に関連するタグ

  千葉県全域