Now Loading...

5月26日(土)・27(日)は千葉市で3つのビッグイベントが開催!熊谷市長に見どころを聞きました!【2018年】

  千葉県全域

2018年05月17日木曜日

オニオン記者投稿

5月26日(土)・27(日)は千葉市で3つのビッグイベントが開催!熊谷市長に見どころを聞きました!【2018年】

2018年05月17日木曜日

千葉市の歴史と発展を全身で体感することでこの街をもっと好きになれる

千葉市長 熊谷 俊人氏

日本人パイロット・室屋義秀選手の3連覇がかかる「レッドブル・エアレース千葉2018」、千葉市の歴史に触れる「第2回千葉氏サミット」の開催が5月26日、27日に迫ってきた。さらに今年は、パラスポーツの魅力を発信するイベントと同時に「ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会」も行われる。3大イベントの同日開催とあって、千葉市でもかつてない盛り上がりを見せる中、それぞれのイベントに熊谷俊人市長はどのような期待を寄せているだろうか。

千葉市長 熊谷 俊人氏1

熊谷 俊人/ くまがい・としひと

1 9 7 8 年生まれ、神戸市出身。2 0 0 1 年4月、N T Tコミュニケーションズ株式会社に入社。
2 0 0 7 年、千葉市議会議員選挙に立候補し、当選する。2 0 0 9 年には千葉市長選挙に立候補
し、初当選。現職千葉市長(3期目)として市の発展に尽力している。

 

迫力のエアレースを幕張海浜公園で体感

昨年は日本人パイロット・室屋義秀選手の連覇に沸いた「レッドブル・エアレース千葉」。その後も活躍が続き、年間総合優勝に輝いた室屋選手の凱旋レースとなる今回の大会。会場となる幕張海浜公園には昨年も9万人ほどのファンが詰めかけ、熱戦を見守った。実際に会場でレース観戦をしたという熊谷市長はやや興奮気味にこう語った。
「我々日本人としては、やはり室屋選手の大会3連覇に注目ですよね。目の前で繰り広げられるアクロバティックかつ最高時速370キロにもなるスピード感満点のレースや、海辺に集まった大観衆と一体になって観戦するあの空気感は本当に素晴らしいものです」
世界的に知られる大会が千葉市で開催される事になって4年目。大会当日は国内有数のアーバンビーチでもある幕張海浜エリアが大きく様変わりする。
「日本にいる事を忘れてしまうほど非現実的な雰囲気はテレビでは絶対に味わえないですよ。ライブで観戦して、ぜひあの興奮を体感してもらいたいですね」

 

千葉市のルーツに触れ郷土愛を高めてほしい

「私たちが住む千葉市がいかに歴史的に重要な街かという事に触れるイベント」
熊谷市長がそう語るのは「第2回千葉氏サミット」である。26日には全国の千葉氏ゆかりの自治体の首長が、相馬野馬追の騎馬隊とともに、きぼーる前から中央公園などを経て千葉神社までパレードするほか、千葉氏を楽しく学ぶためのスタンプラリー、子ども流鏑馬といった各種イベントが予定されている。
「千葉は『古事記』にも記されているほど由緒ある地名です。さらに言えば、この一帯を治めた千葉氏、なかでも千葉常胤が源頼朝と組んだ事で後の鎌倉幕府が成立しました。千葉氏は日本の武家政権の始まりを支えた立役者と言ってもいいほどです。そうした千葉の歴史をより深く知っていただく事で、この街をもっと好きになってもらえるでしょう」
千葉氏中興の祖と称される千葉常胤が生まれて900年という記念の年に、街のルーツに触れる事こそ、千葉アイデンティティの確立と市民ひとりひとりの郷土愛を育む極めて大切な機会だという。

千葉市長 熊谷 俊人氏2

パラスポーツへの関心が2020年の成功のカギ

いよいよ2年後に迫った「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」で7競技が幕張メッセにて開催される千葉市では、市民のパラスポーツへの理解をもっと深めようと「Go! Together!〜みんな一緒に共生する未来〜」を企画した。会場となる千葉ポートスクエア特設会場では、車いすバスケットボール体験会、クイズ大会や、ビンゴゲーム等を実施する。また、千葉ポートアリーナでは、ウィルチェアーラグビーの国際大会も開催される。
「ウィルチェアーラグビーの国際大会が千葉市で開かれるのは今年で5回目です。リオ・パラリンピックで銅メダルに輝いた日本代表チームが今年もやって来ますから、ぜひ皆さんに熱い声援を送ってもらいたいですね」
自身もかつてパラスポーツを経験したという熊谷市長は続けて
「千葉国体の前年、新潟県を視察で訪れた時にサウンドテーブルテニスを体験しました。音の出るピンポン球を使った卓球なんですが、アイマスクで目隠しをしてね。聴覚に全神経を集中させ一球一球を打ち返す事の難しさは今でも鮮明に覚えています。ウィルチェアーラグビーや車いすバスケもやりましたが、パラスポーツって本当に面白い。一度経験すると、競技の迫力や醍醐味を感じるわけですから、2020年のパラリンピックでは応援にも自然と力が入りますよね」

 

2日間のイベントを通じて千葉アイデンティティを感じる

「迫力に満ちたエアレース、千葉市の歴史をひも解く千葉氏サミット、そしてパラスポーツ。これらのイベントが一堂に開催できる事こそ千葉市ならではだと私は考えます」
多彩なイベントの同日開催を前に、熊谷市長は千葉市のアイデンティティにも言及した。
「武士道を受け継いで鎌倉時代のスタートに貢献した千葉氏。未来を見据えて時代にチャレンジする精神こそが千葉市民の根源にはあるのではないでしょうか。出かけるにも最適な時期なので、家族や友人、恋人と、様々なイベント目白押しの千葉市内の会場に足を運んでいただいて、それぞれのイベントの素晴らしさを味わってもらいたいですね。」

 

 

5月26日(土)・27(日)に千葉市で開催の3つのビッグイベントとは

A レッドブルエアレース千葉2018@千葉県立幕張海浜公園

http://news.onionworld.jp/news/post/67882

B 千葉常胤生誕900年記念@三井ガーデンホテル千葉&千葉市中央公園

http://news.onionworld.jp/news/post/67892

C パラスポーツ大会応援イベント@千葉ポートスクエア(2階特設会場)

http://news.onionworld.jp/news/post/67899

公共交通機関で3会場巡り!
3つの会場は意外と近いんです。電車・バスをうまく使って楽しもう!

MAP

※交通状況により所要時間が変わる場合がございますので予めご了承ください。情報はあくまで目安としてお使いください。

この記事に関連するタグ

  千葉県全域