Now Loading...

【2018年】春の運動会♪手軽にかわいいお弁当アレンジ

  千葉県全域

2018年05月07日月曜日

オニオン記者投稿

【2018年】春の運動会♪手軽にかわいいお弁当アレンジ

2018年05月07日月曜日

運動会

春の運動会が開催される季節になりました。土日に開催される運動会も多く、普段仕事でなかなかお子さんに関われないお父さんはもちろん、遠方からおじいちゃん・おばあちゃんも集まることが多い運動会のお悩みといえばお弁当ですよね。ここでは春の運動会のお弁当の手軽にできるコツやアレンジをご紹介します。

 

◆どんなおかずがいい?悪くなりにくいおかず

運動会弁当

春の運動会が開催される4~5月、千葉県内は各所で初夏の陽気になることも。そうなると気になるのが、「お弁当が悪くならないか」ですよね。保冷剤などを使用するのはもちろん、悪くなりにくい食材を選んでお弁当を作ると、炎天下での心配も少なくなりますよ。

 

まず、生ものは避けましょう。おにぎりやサンドウィッチの具も、必ず火を通すか炊き込みご飯にしましょう。野菜なら生ではなく火を通したもので。冷凍のかぼちゃやブロッコリー、枝豆などを利用すれば炎天下でも保冷剤代わり&自然解凍が可能です。運動会の気温に応じて冷凍食品も上手に使いましょう。梅干しのおにぎりや酢飯を使ったいなりずしなど、日本古来の保存性の高い食材を使用するのも有効です!

 

◆運動会に最適なランチボックスの大きさや形は?

運動会弁当箱

運動会に使用するランチボックス。これは一緒にお弁当を食べる人数によって変わるのはもちろん…ですが、運動会のお弁当をどんなスタイルで食べるかによっても変わります。家族ごとで集まって食べるなら、子供、両親、おじいちゃんおばあちゃんなど参加する人数で決めますし、お子さんだけ教室などで別に食べるなら、お子さん用と大人用で分けてお弁当を作ればOKです。

 

大勢集まるなら、どうしてもお弁当の量が多くなります。ひとりひとりにひとつずつ作るよりも、主菜、おかず、デザートそれぞれでタッパーなどで分けてとりわけ式にしましょう。両親と子供だけなら重箱はかさばるのでタッパーでもOKです。畳んでしまえるタッパーなら帰りの荷物も軽くなりますよ。もちろん、おじいちゃんおばあちゃんが来る、子供の数が多い、周りのご家族との交換が発生する…などの場合は重箱がおすすめ。その際も、重ねてしまえる重箱だと同じく帰りの荷物が楽になります。

 

◆簡単なのに華やか♪お弁当アレンジ術

運動会ランチ

◎普段忙しいお母さんでも、運動会のお弁当が華やかになるアレンジ術をご紹介します。

 

ひとつめは、とにかく彩り良く!人間の食欲を増進するのは赤・緑・黄の三原色と言われています。お弁当は頑張っても茶色ばかりになりがちですが、ミニトマトやブロッコリーを間に挟むほか、和風のおかずならフリーズドライのあおさや万能ねぎ、洋風のおかずならパセリの粉末をかけるだけで抜群の見た目が達成できます!

 

次に、ソースは別添えにすることです。炎天下の可能性もある千葉県の運動会、ソースをかけておくと乾いてしまい見た目が悪くなる可能性も。保存や見た目の観点からも、ソースをかけて食べるおかずは食べる時にソースを掛けましょう。

 

◆まとめ

春の運動会で簡単にできるお弁当のポイントをご紹介しました。普段忙しいお母さんでも、少しでも簡単・気軽にできるアレンジで運動会のお弁当作りに生かしてくださいね。

この記事に関連するタグ

  千葉県全域