Now Loading...

施策の内容~その64≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(8)≫ [2]挑戦し続ける産業づくり【産業】②中小企業・小規模事業者の経営基盤強化(2)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その64≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(8)≫ [2]挑戦し続ける産業づくり【産業】②中小企業・小規模事業者の経営基盤強化(2)

2018年04月01日日曜日

[2]挑戦し続ける産業づくり【産業】

県民の豊かなくらしを支える本県経済の持続的な発展を支えるため、新事業・新産業の創出や、起業・創業等を促進します。
また、厳しい経営環境下におかれている中小企業・小規模事業者の経営基盤の強化を図ります。
さらには、雇用の創出や地域経済の活性化に向けて、地域の特性に応じた戦略的な企業誘致を推進します。

②中小企業・小規模事業者の経営基盤強化(2)

【目標】 経済環境の目まぐるしい変化に対応し、成長していく中小企業の経営基盤の強化を進めます。
■主な取組
1 中小企業・小規模事業者の経営力の向上

厳しい経営環境下に置かれている中小企業者が抱える経営、金融、技術、ICT等の様々な課題を解決するため、チャレンジ企業支援センター等においてワンストップで相談に応じるほか、必要に応じて専門家派遣、情報提供を行うなど、企業の取組を総合的に支援します。

また、地域の総合的な支援機関である商工会や商工会議所が行う小規模事業者の経営の改善発達を支援する取組や地域の特色を踏まえた意欲的な取組について支援を行います。

さらに、都市圏の大企業の勤務経験者等、経営改善をリードする人材を採用することにより、新商品開発や新規販路開拓など、企業の成長戦略実現に向けた支援を行うプロフェッショナル人材戦略拠点を運営します。

・チャレンジ企業支援センターにおける経営革新計画作成等の支援
・よろず支援拠点
※1における総合支援機能の強化
・商工会・商工会議所等への支援
・プロフェッショナル人材の採用に向けた支援
・クラウドファンディング
※2等の普及促進による創業等支援(再掲)

2 資金調達の円滑化
担保力や信用力に乏しい中小企業が資金調達を円滑に行うことができるよう、借入負担の軽減や信用補完制度※3の充実に取り組みます。

また、インターネットを利用した新しい資金調達手段であるクラウドファンディングの普及を促進し、県内における起業・創業や中小企業の経営力向上、販路開拓などを支援します。

・中小企業振興資金による金融支援
・千葉県信用保証協会
※4に対する損失てん補
・クラウドファンディング等の普及促進による創業等支援

3 販路開拓の促進
中小・ベンチャー企業が独自に開発した優れた製品の市場性やブランド力を高めて、売れる製品づくりを促進します。

また、県内外企業との取引拡大のため、商談会の開催や販路支援相談員による相談・支援を実施し、中小企業の販路開拓を支援します。

・専門家による総合的なアドバイスの実施
・ものづくり認定制度
※5など優れた技術・製品に関する情報の集約・発信
・ものづくり技術展示・商談会の開催
・クラウドファンディング等の普及促進による創業等支援(再掲)
・下請取引の振興

4 中小企業等の人材確保・育成支援
中小企業における人材不足に対応するため、中小企業の経営者や人事担当者向けに、人材採用強化に向けたセミナー・研修を開催するとともに、企業の魅力発信や、求職者との交流イベントの実施により、中小企業の採用力向上を支援します。

また、県立高等技術専門校において、民間の訓練機関が取り組みづらい、ものづくり分野の職業訓練を実施し、主に地域の中小企業に対して一定の技能を習得した人材を供給するとともに、在職者訓練を実施し、技能・知識のスキルアップや資格取得を支援します。

さらに、障害のある人の雇用を検討している企業について、障害者雇用に向けての相談に応じるほか、障害のある人を雇用している企業に対し、雇用管理上のアドバイス等を行い、障害者雇用の促進と定着の支援を実施します。

そして、企業の新商品開発や新規販路開拓などの成長戦略実現に向け、都市圏の大企業の勤務経験者等、経営改善をリードしていく人材の採用を支援するため、プロフェッショナル人材戦略拠点を運営します。

・中小企業の魅力など情報発信等による人材確保への支援
・雇用に結びつく効果的な職業訓練の実施
・在職者への能力開発支援(人材育成支援)(再掲)
・障害者雇用の促進と定着支援
・プロフェッショナル人材の採用に向けた支援(再掲)

5 事業承継支援
事業承継に関する相談窓口である千葉県事業引継ぎ支援センター等と連携し、後継者がいない事業者と、事業引継を希望する企業間のマッチングやM&A※6に関する支援を行うとともに、関係機関と連携し、事業引継に関するセミナーを開催します。

特に、事業承継、後継者対策が深刻な地域においては、共通認識を図るための合同勉強会の開催等、市町村や地域金融機関、商工団体との連携強化を図ります。

・千葉県事業引継ぎ支援センター等と連携した支援強化
・市町村、金融機関、商工団体との連携強化

6 災害等のリスクマネジメント支援
大規模地震や風水害、新型インフルエンザなどの緊急事態が発生した際に企業がとる行動をまとめた「事業継続計画(BCP)」の作成を行うことは、緊急時に企業が早期再建を目指す上で大変重要であることから、事業継続計画の普及・啓発等を行い、計画策定の促進を図ります。

・事業継続計画(BCP)策定の支援
・事業継続計画(BCP)策定に向けた啓発活動

※1よろず支援拠点:中小企業者・小規模事業者の経営課題に対して、アドバイスを行い、売上拡大等を支援するため、各都道府県に1か所設置された支援拠点です。
千葉県では、平成26年6月に、公益財団法人千葉県産業振興センター内に開設されました。
※2クラウドファンディング:群衆(Crowd)と資金調達(Funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を集める仕組みを指します。
※3信用補完制度
中小企業者が金融機関等から資金調達するときに、信用保証協会が保証人となって借入等を容易にする「信用保証制度」と、信用保証協会が代位弁済するときに、日本政策金融公庫の保険によってカバーする「信用保険制度」を総称したものです。
※4千葉県信用保証協会:中小企業者が金融機関から事業資金の融資を受ける際に、「公的な保証人」となって金融の円滑化を図ることを目的として設立された信用保証協会法に基づく認可法人です。
※5ものづくり認定制度:千葉県内の中小企業が製造する優れた製品を「千葉ものづくり認定製品」として認定するもので
す。認定製品は、県内外に広く情報発信をするとともに、販路開拓を支援しています。
※6M&A:会社そのものを売り買いするという意味で、合併(Merger)と買収(Acquisition)の頭文字です。

 

次の記事

施策の内容~その65≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(9)≫ [2]挑戦し続ける産業づくり【産業】③地域の創意工夫による経済活性化の取組の促進(1)

http://news.onionworld.jp/news/post/66566

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465