Now Loading...

施策の内容~その57≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(1)≫ [1]国内外の多くの人々が集う魅力ある県づくり【交流】①千葉の「宝」を生かした観光立県の推進と移住・定住の促進(1)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その57≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(1)≫ [1]国内外の多くの人々が集う魅力ある県づくり【交流】①千葉の「宝」を生かした観光立県の推進と移住・定住の促進(1)

2018年04月01日日曜日

[1]国内外の多くの人々が集う魅力ある県づくり【交流】

 本県の持つ優れた宝・ポテンシャルを最大限に生かして、交流人口の増加や移住・定住の促進を図るとともに、国内外の誰もが過ごしやすく住みやすい魅力ある県づくりを進めます。

①千葉の「宝」を生かした観光立県の推進と移住・定住の促進(1)

【目標】 本県の持つ魅力を十分に生かした魅力的な観光地づくりを推進するとともに、効果的なプロモーション活動により観光入込客・宿泊客をはじめとする交流人口の拡大と移住・定住の促進を図り、地域の活性化を目指します。

■現状と課題
本県は、首都圏に位置しながら、温暖な気候と「花」や「海」をはじめとする豊富な自然に恵まれ、さらには、新鮮な海の幸・山の幸の「食」や数多くの歴史的・文化的資源を有するなど、多様な「宝」や「ポテンシャル」を秘めています。

また、成田空港において、LCC(格安航空会社)の拠点となる第3旅客ターミナルが完成し、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける8競技の千葉県開催が決定されるなど、本県の観光にとって、大きな追い風が吹いており、新たなステージへとステップアップする絶好の機会が訪れています。

一方で、本県観光を取り巻く環境は、本格的な少子高齢化・人口減少社会の到来による国内観光市場の縮小や地域間競争の激化など、非常に厳しい状況にもあります。

本県の人口が中長期的には減少が見込まれる中、地域の活力を維持していくためには、交流人口の拡大と移住・定住の促進を図ることが重要です。

こうした中、本県の持つ「宝」や「ポテンシャル」を十分に生かし、観光による交流人口の拡大により地域経済の活性化を図るためには、多様化する観光客のニーズや目的に対応し、人々が魅力を感じる千葉県ならではの観光振興を図っていく必要があります。

また、本県の居住地としての強みは、様々な価値観に対応した「働く場」、「子育ての場」、「住まいの場」、「憩いの場」を提供できる「総合力の高さ」です。移住・定住の促進に当たっては、様々な価値観を持つ方々から居住地として選ばれるよう、こうした「強み」を全国に積極的にPRする必要があります。

■取組の基本方向
何度でも訪れたくなる魅力ある観光地づくりに向けて、本県観光の大半を占める首都圏からの観光客や急増するシニア層を意識した、観光インフラの整備や観光資源の磨き上げを促進するとともに、観光産業の競争力を強化するため、外国人の情報源となるウェブサイトの多言語化の促進やICTなどを活用した観光現場における接客力の強化を図るなど、観光客のニーズや嗜好に対応した付加価値の高いサービスの提供を図っていきます。

また、自動車を利用した観光客が多い本県の特色を生かし、アクアラインの料金引下げや圏央道延伸等の機会を活用した戦略的・効果的な観光プロモーションを展開するとともに、訪日外国人観光客の増加や2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催等を契機として「選ばれる観光地」として更にステップアップするため、インバウンド推進に向けた観光プロモーションを図っていきます。

さらに、市町村や関係団体等と連携を図りながら、地域の魅力やくらし情報を発信するなど、移住・定住の取組を促進します。

 

次の記事

施策の内容~その58≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(2)≫ [1]国内外の多くの人々が集う魅力ある県づくり【交流】①千葉の「宝」を生かした観光立県の推進と移住・定住の促進(2)

http://news.onionworld.jp/news/post/66405

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465