Now Loading...

施策の内容~その56≪第Ⅱ項 千葉の未来を担う子供の育成(14)≫ [2]世界に通じ未来支える人づくり【教育】④多様化する青少年問題への取組(2)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その56≪第Ⅱ項 千葉の未来を担う子供の育成(14)≫ [2]世界に通じ未来支える人づくり【教育】④多様化する青少年問題への取組(2)

2018年04月01日日曜日

[2]世界に通じ未来支える人づくり【教育】

思いやりのある豊かな心と元気で健やかな体を持ち、責任ある行動と自己表現ができる子どもや若者を育てるため、学校・家庭・地域がそれぞれの役割を果たし、連携した取組を進めていきます。

④多様化する青少年問題への取組(2)

【目標】 子ども・若者の健やかな成長と社会的な自立を支援します。

■主な取組
1 困難な状況や、特に配慮を要する子ども・親の支援

官・民の様々な機関で構成される「千葉県子ども・若者支援協議会」においては、ニートやひきこもり、不登校など困難を有する子ども・若者への支援の充実を図るため、情報共有や必要な取組の検討を実施するとともに、支援機関の人材の育成を行います。

また、「千葉県子ども・若者総合相談センター(ライトハウスちば)」では、様々な悩みを抱えている子ども・若者やその保護者がまず最初に相談できる窓口として、電話相談、面接相談、保護者向け勉強会などを実施し、子ども・若者が新たな一歩を踏み出せるよう、必要な情報の提供や助言、適切な専門機関の紹介を行います。

・困難を有する子ども・若者支援のための関係機関との連携強化
・千葉県子ども・若者総合相談センターの相談体制の充実

2 非行・犯罪防止と立ち直り支援
関係機関・団体、地域住民と青少年に対する共通の理解と認識を深めるため、県下一斉合同パトロールの実施や広報・啓発活動を推進します。

また、青少年問題に対する相談体制を充実し、少年の自立を支援するほか、青少年補導センターや少年警察ボランティア活動を支援するなどして、街頭補導活動を推進します。

非行少年を生まない社会づくりの一環として、タッチヤング千葉県少年柔道・剣道大会を開催するほか、事件などを通じて関わった少年や問題を抱え非行に走る可能性がある少年らとともに社会体験活動等を実施して、再非行を防止する取組を推進します。加えて、少年を犯罪被害から守るため、福祉犯罪※1の取締りを推進します。

さらに、臨床心理士の資格を有する少年補導専門員及び相談専門員の知識・技術の向上や薬物乱用防止教室の開催などにより、少年の規範意識の向上に取り組みます。

・非行防止に関する広報啓発事業
・青少年補導員活動の活性化に向けた支援
・少年補導員活動の推進
・タッチヤング活動
※2の推進
・少年サポート活動の推進
・少年事件及び福祉犯罪の取締りの推進
・薬物乱用防止等広報啓発活動の推進

3 多様な主体による取組と関係機関の機能強化
青少年相談員や青少年補導員等の青少年育成支援団体との情報共有を図るなど、県と団体との活動の連携を強化します。

また、団体間の連携が図られるよう働きかけていきます。

さらに、青少年相談員等の資質向上のため、地域の課題に即した研修等を実施します。

・青少年相談員活動の充実
・青少年育成関係団体等との連携
・青少年補導員活動の活性化に向けた支援(再掲)
・困難を有する子ども・若者支援のための関係機関との連携強化(再掲

4 子どもを守る環境の整備と情報化社会への対応
「千葉県青少年健全育成条例」に基づき、書店・カラオケボックス・ネットカフェ・携帯電話業者等への立入調査の実施や、有害図書・有害玩具等の指定により、青少年にとって良好な環境の整備に努めます。

また、進展する情報化社会の中で、インターネット上のトラブルから青少年を守るため、青少年の利用頻度が高いSNSを中心に監視を行うネットパトロールなどの青少年ネット被害防止対策や児童ポルノの根絶に向けた取組などを推進します。

さらに、子どもたちや保護者、学校関係者等への講演を実施し、フィルタリングの普及や青少年のインターネットの適正利用についての啓発活動を推進するとともに、子ども・若者がインターネット等の情報を取捨選択して活用できる能力(情報リテラシー)や、情報化社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度(情報モラル)を身に付けるための取組を推進します。

・子ども・若者にとって有害な環境の浄化
・スマートフォン・インターネット被害防止対策の推進
・インターネット等の適切な利用に向けた広報啓発の推進
・情報教育の推進

※1福祉犯罪:児童に淫行をさせる行為のように、少年の心身に有害な影響を与え少年の福祉を害する犯罪のことをいいます。
※2タッチヤング活動:千葉県警察では警察職員と少年とのふれあいの場を通じて、お互いの信頼関係を高め、少年の規範意識や自制心などを育み少年非行の防止を図ろうとする「タッチヤング活動」を推進しています。毎年、日頃の成果を披露するため「タッチヤング千葉県少年柔道・剣道大会」を開催しています

 

次の記事

施策の内容~その57≪第Ⅲ項 経済の活性化と交流基盤の整備(1)≫ [1]国内外の多くの人々が集う魅力ある県づくり【交流】①千葉の「宝」を生かした観光立県の推進と移住・定住の促進(1)

http://news.onionworld.jp/news/post/66395

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465