Now Loading...

施策の内容~その45≪第Ⅱ項 千葉の未来を担う子供の育成(3)≫ [1]子どもと子育て世代への強力サポート体制づくり【子育て】②地域による子育て支援の充実(1)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その45≪第Ⅱ項 千葉の未来を担う子供の育成(3)≫ [1]子どもと子育て世代への強力サポート体制づくり【子育て】②地域による子育て支援の充実(1)

2018年04月01日日曜日

[1]子どもと子育て世代への強力サポート体制づくり【子育て】

子どもを安心して生み育てられる社会を構築するため、子育てに関する多様なサービスの提供を促進するとともに、地域社会全体で子育てを支援する体制づくりを進めます。

②地域による子育て支援の充実(1)

【目標】 保育サービス等の充実を図るとともに、子育てを地域社会全体で支える環境づくりを推進します。


■現状と課題
本県の合計特殊出生率は、昭和50年(1975年)頃から低下傾向にあり、昭和60年(1985年)頃からは全国平均を下回り、少子化の傾向が見られます。一方、県内の保育所等の整備は平成21年度(2009年度)から平成28年度(2016年度)までの8年間で約30,000人の定員増を行ったところですが、県内の保育ニーズが大幅に増加し、都市部を中心に依然として慢性的に待機児童を抱え、平成29年(2017年)4月現在で1,787人となっています。このため保育の受け皿整備を集中的に進めていますが、あわせて、保育現場で働く保育士等の確保が課題となっているところです。

また、核家族化や地域力衰退など、子育てを行う環境は大きく変化しており、子育て家庭の不安が増大しています。また、共働き世帯の増加や雇用環境の複雑化に伴い、子育て支援へのニーズも多様化しています。

子育て家庭を孤立させることなく、安心して子育てができる環境を整備するためには、地域住民や社会福祉法人、NPO法人、企業などの民間団体の力を積極的に活用し、地域全体での子育てを支援する体制整備を進めていくことが重要です。

■取組の基本方向
子育ての負担感などの緩和を図り、安心して子育てができる環境を整備するため、地域における子育て支援の充実を図ります。

待機児童の解消に向け、地域の実情に応じた多様な保育施設の整備を促進します。

保育士不足に対処し、保育士を確保するため、民間保育士の処遇改善や潜在保育士の雇用促進等に取り組みます。

また、子育て家庭の親と子が保育所や児童館などの身近な場所で交流したり、育児相談をすることのできる地域子育て支援拠点施設や、保育所における延長保育など、多様な保育ニーズに合ったきめ細かな保育サービスの展開に努めます。

さらに、地域における子育て支援の担い手として、小売業やサービス業などの企業や商店にも子育て支援に積極的に参加していただく「企業参画型子育て支援事業」などを推進し、県民全体で子育てを支援する気運の醸成に努めます。

地域子育て支援拠点施設:子育て家庭と地域をつなぐ拠点的な場として市町村により設置された、全ての子育て家庭の親と子どもが気兼ねなく集い、相談や交流ができる施設です。

 

次の記事

施策の内容~その46≪第Ⅱ項 千葉の未来を担う子供の育成(4)≫ [1]子どもと子育て世代への強力サポート体制づくり【子育て】②地域による子育て支援の充実(2)

http://news.onionworld.jp/news/post/66268

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465