Now Loading...

施策の内容~その14≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(14)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(2)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その14≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(14)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(2)

2018年04月01日日曜日

[2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】

②交通安全県ちばの確立(2)

【目標】 県民一人ひとりの交通安全意識の高揚を図るとともに、交通環境の整備を推進し、交通事故のない、安全で安心して暮らせる千葉県づくりを進めます。
■主な取組
Ⅰ-2- ② -1 
県民総参加でつくる交通安全の推進

交通事故をなくし、安全で住みよい「交通安全県ちば」を確立するため、県民、市町村、企業、関係団体や地域の交通安全推進団体と連携し、春・夏・秋・冬の交通安全運動をはじめとする交通安全対策に取り組みます。
また、各種キャンペーンや、ホームページ等により、交通ルールやマナーを啓発するとともに、交通事故発生状況等を提供し、県民一人ひとりの交通事故防止に対する意識の向上を図ります。
さらに、飲酒運転の根絶については、関係機関・団体と連携して強力に推進します。

・四季の交通安全運動等の実施をはじめとした広報啓発の推進
・県警ホームページ等による交通事故情報等の提供
・地域に密着した交通安全活動を行う交通安全推進隊の整備・支援
・飲酒運転根絶対策の推進

Ⅰ-2- ② -2 高齢者の交通事故防止対策の推進
高齢者が交通事故に遭わない、起こさないように、高齢者の交通事故の特徴を踏まえた広報啓発活動を推進するとともに、夕暮れから夜間における交通事故を防止するため、反射材や視認性の高い明るい服装の効果につい
て積極的に広報を実施します。
また、高齢者を対象にした交通安全教育を実施し、交通事故防止のための知識の向上を図るとともに、地域における高齢者の自主的な交通安全活動を促進します。
あわせて、運転に自信のなくなった高齢者が運転免許証を返納しやすい環境づくりを促進します。

・交通事故分析に基づく高齢者事故の特徴等を踏まえた広報啓発活動の推進
・反射材や目立つ服装・携行品等の普及と活用の促進
・高齢者宅訪問活動の推進
・交通安全シルバーリーダーの養成
・運転免許自主返納に対する優遇措置の拡充

Ⅰ-2- ② -3 自転車安全利用の推進
自転車利用者の交通ルールの遵守とマナーの向上等のため、「千葉県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」のポイントを踏まえた本県独自の安全利用ルール「ちばサイクルール」を基に、幼児から高齢者まで、それぞれの年齢層に応じた実践的な自転車安全教育を積極的に実施するとともに、自転車安全利用キャンペーンによる広報啓発活動を推進します。
また、高校生を中心とした「自転車マナーアップ隊」の活動を促進することにより、自転車利用者等がルールを守り、安全で安心して通行できる千葉の自転車交通を目指す「スマート・サイクルちば※ 」を推進するほか、信号無視、一時不停止、歩道通行者に危険を及ぼす違反等に対して
積極的に指導・警告を行うとともに、酒酔い運転や制動装置不良などの悪質・危険な違反者に対しては検挙措置を講ずるなど、自転車利用者に対する指導取締りを強化します。
さらに、市町村の自転車ネットワーク計画の策定の促進を図るとともに、計画に位置付けられた路線から路面標示等の設置を行うなど、自転車の安全で快適な通行環境の整備を推進します。

・自転車の安全利用に向けた広報啓発活動の推進
・年齢層に応じた自転車交通安全教育の推進
・自転車マナーアップ隊の活動の推進
・子供自転車免許証の交付による安全利用の意識の醸成
・悪質・危険な自転車利用者に対する指導取締りの強化
・自転車通行環境の整備推進

Ⅰ-2- ② -4 交通安全教育の充実
交通安全の必要性及び知識を普及し、県民一人ひとりが、交通ルールを守り、正しい交通マナーを習慣化するよう、幼児から高齢者まで、それぞれの年代に応じた交通安全教育を実施します。
また、交通安全教育の実施に当たっては、保護者、学校、地域等と連携するとともに、模擬信号機、運転シミュレーター等の交通安全教育補助機材を活用して、参加・体験・実践型とするなど、効果的に実施します。

・年齢層に応じた交通安全教育の推進
・地域や事業所等における交通安全教育の推進
・幼児教育指導者を対象とした交通安全教育の実施

スマート・サイクルちば:自転車利用者のルールの遵守とマナーを向上させ、自転車事故の減少を図ることを目的に、高校
生による自転車マナーアップ隊を編成し、高校生へのマナー指導や県下一斉による街頭指導を行う
などの、自転車利用者のルールの遵守とマナーの向上対策のことです。

 

次の記事

施策の内容~その15≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(15)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(3)

http://news.onionworld.jp/news/post/65626

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465