Now Loading...

施策の内容~その13≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(13)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(1)

  千葉県全域

2018年04月01日日曜日

オニオン編集部投稿

施策の内容~その13≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(13)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(1)

2018年04月01日日曜日

[2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】

②交通安全県ちばの確立(1)

【目標】 県民一人ひとりの交通安全意識の高揚を図るとともに、交通環境の整備を推進し、交通事故のない、安全で安心して暮らせる千葉県づくりを進めます。

■現状と課題
県内の交通事故状況は、発生件数・負傷者数は年々減少していますが、平成28年中における交通事故死者数は185人と、全国ワースト2位であるなど、全国的に見ると依然として交通事故の発生が多い状況です。
誰もが安全で安心して暮らせる千葉県を実現するためには、県民一人ひとりが交通事故防止を強く意識し、行動することが必要です。
そして、歩行者や運転者などそれぞれの道路利用者の視点に立った、交通事故が起こりにくい道路環境を整備するために、関係機関・団体などが連携して取り組むことが必要です。
さらに、交通事故死者数の半数以上が高齢者であることや、自転車が加害者となる重大事故が発生し、自転車利用者の交通ルールやマナーを守らない運転が問題となっていること、いまだ飲酒運転が根絶されていないことなどを踏まえた取組を重点的に推進していくことが必要です。

■取組の基本方向
県民一人ひとりが交通安全に対する意識を高め、交通ルールを守り、交通マナーを実践するよ
う、関係機関・団体などと協力し、広報啓発活動や交通安全教育を実施します。交通事故が多発
している箇所では、関係機関などが共同して行う現地調査等により、事故発生原因の分析等を行
い、道路構造や標識などの整備・改善に取り組みます。
また、高齢者が交通事故に遭わないための取組や高齢者に交通事故を起こさせないための取組
を強化するとともに、自転車の安全利用を更に徹底するための対策に取り組みます。

 

次の記事

施策の内容~その14≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(14)≫ 施策の内容~その15≪第I項 安全で豊かなくらしの実現(15)≫ [2]くらしの安全・安心を実感できる社会づくり【防犯・交通安全・消費生活】 ②交通安全県ちばの確立(2)

http://news.onionworld.jp/news/post/65517

 

目次へ

http://news.onionworld.jp/news/post/68465