Now Loading...

千葉県民あるあるシリーズ#1「えっこれってご当地なの!?」

 千葉県全域

2018年04月04日水曜日

オニオン記者投稿

千葉県民あるあるシリーズ#1「えっこれってご当地なの!?」

2018年04月04日水曜日

違う都道府県出身者同士が出会うと出てくる「えっこれって全国にあるんじゃないの!?」という話題。千葉県にも当然ご当地のものはたくさんあります。本日は意外と知られていない、実は千葉県ご当地のものについて集めてみました。

 

給食に味噌ピーナッツと麦芽ゼリーが出る

http://www.furuya-milk.co.jp/commodity/dessert/d_comm_7_4.html

千葉県内の給食メニューとして出てくる味噌ピーナッツに麦芽ゼリー。これは千葉県だけです。味噌ピーナッツは落花生が千葉県の名産品なので、まあ分かりますが麦芽ゼリーが出るのも千葉県だけ。全国的な麦芽ゼリーのマイナーさにびっくりする千葉県民も少なくありません!

 

麦芽ゼリーは、千葉県香取郡に工場を構えるご当地企業「フルヤ乳業」の製品。千葉県民のおやつというコンセプトで、今も県民に親しまれています。

 

マックスコーヒーはかつて千葉県・栃木県・茨城県限定

https://secure.georgia.jp/product/max_coffee.html

今は全国の自動販売機で見かけるようになったマックスコーヒー。250ml缶、そしてとっても甘い、と一般的な缶コーヒー飲料とは一線を科す存在です。

 

こちらのマックスコーヒー、かつてはコカ・コーラの子会社で栃木県・茨城県・千葉県への事業展開を行っていた利根コカ・コーラボトリングの発売したブランドです。なので、マックスコーヒーは栃木県・茨城県・千葉県の限定販売でしたが、2009年に全国販売が開始されました。

 

マックスコーヒーが地域限定の缶コーヒーだったことを知っている世代の千葉県民は、マックスコーヒーへの特別な愛をいまだに持っていることが多いです。今はペットボトルでも販売されるようになったマックスコーヒーを見ると、ちょっと寂しくなったり。

 

健康チェック、誕生日順、業間休み…全部千葉県限定!

小中学校の出席番号は誕生日順だった方も多いのでは?これも千葉県だけ。全国的には50音順で出席番号が決まります。なので、アイカワさんなどあ行の人の「いつも出席番号1番だったよ~」という話を聞いても千葉県民は「?? 4月生まれじゃないよね?」

 

出席番号順に先生が名前を呼んで出席を取りますが、「○○くん」「はい!元気です!」「○○さん」「はい、ちょっと風邪ひいてます」。返事とともに健康状態を申告する「健康チェック」も千葉県ご当地。全国的には「はい!」の返事のみだったり、座席表を見てチェックするので出席取りそのものがなかったりします。

 

そして2時間目から3時間目に20分間のお休みである「業間休み」があった!という方も多いはず。20分なので外に出て遊んでもOK。これも千葉県のみ。ただし、「業間休み」という名称ではなく「20分休み」という名称で存在している他都道府県の小学校もあります。

 

まとめ

実は千葉県ならではのご当地ルールをご紹介しました。この記事を納得して読んでいるあなたも千葉県民ですね?まだまだ隠れた千葉県のご当地ルールはありそうですね。

 

千葉県民あるあるシリーズ

千葉県民あるあるシリーズ#1「えっこれってご当地なの!?」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#2「落花生以外の名産品もたくさんあるのに・・・」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#3「実は生粋の地元民が少ない!?」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#4「千葉は東京の植民地!?」 はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#5「これ読めたら千葉県民! 難読漢字読めるか!?」はこちら

 千葉県民あるあるシリーズ#6「都内は下町が好き」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#7「いつも心にチーバくん」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#8「花火大会は屋上から見る!」はこちら

千葉県民あるあるシリーズ#9「長期休みはゴーストタウン」はこちら