Now Loading...

冬の肌荒れ、放置はキケン!

千葉県全域

2013年12月23日月曜日

オニオン記者投稿

2013年12月23日月曜日

冬の肌荒れ、放置はキケン!

ビューティーコラム
乾燥肌が高じると治りづらい肌トラブルに

 
冬の肌荒れ、仕方がないと放置していると、思わぬ肌トラブルにつながることがあります。
 
肌荒れを放置していると肌の潤いバリアーである皮脂膜が奪われ全体的にカサカサしてきます。
肌が白い粉をふいたようになったことはありませんか? これをさらに放っておくと、肌の角質層がはがれやすくなり、外部刺激によって強いかゆみが出るようになります。
これをついかいてしまうと、炎症を起こしてブツブツ(皮脂欠乏性湿疹)を起こしてしまうのです。
 

保湿で肌のバリアーを守ろう

 
皮脂欠乏性湿疹を起こしてしまうと、保湿だけでは治りにくく、医薬品による治療が必要になるケースが多くなります。
そうならないためには、やはり、保湿が一番大事。
健康で潤いある肌を保つためにも、以下のことに気を付けましょう。
 
①部屋に加湿器を設置する。
②熱めのお風呂は避け入浴剤は保湿性が高いものを選ぶ。
③入用後は体をよく体を拭き、保湿クリームを塗る。
④水仕事の後だけでなく前にも手に保湿クリームを塗る。
⑤刺激の強い食べ物やアルコールを控える。
⑥肌を締め付ける衣類や化繊など肌を刺激する素材を避ける。
⑦外出時には手袋やマフラーなどを着用し、なるべく肌が乾燥した空気と触れないようにする。

この記事に関連するタグ

千葉県全域