Now Loading...

入学式の豆知識

 千葉県全域

2018年03月12日月曜日

オニオン記者投稿

入学式の豆知識

2018年03月12日月曜日

4月に入ると学校で行われる入学式。新しい環境に入る子供たちや学生さんにとって、期待と不安でいっぱいの中迎える式でもあります。ここでは、初めて入学式を迎えるお子さんや保護者の方も安心の、入学式の服装や髪形、持ち物などの豆知識についてご紹介します。

 

保護者の服装について

入学式は新しい門出を迎えるおめでたい式。一般的には春らしい明るい色が好まれます。男性はスーツでネクタイを明るい物にしたり、女性はパステルカラーのツーピーススーツにコサージュをつけたりします。特に女性は、ベージュやネイビー、ピンクなどのツイードスーツやアンサンブルがトレンド。スカートは短すぎず、ヒールも高すぎないように。ストッキングは、黒色はお葬式を連想させるので避けましょう。網タイツや柄タイツも避けて、普通のベージュのストッキングが無難です。

 

とはいえ、学区や学校の雰囲気によって服装は異なりますので、周りと浮かないようにするには在学生の保護者や先生から服装について情報を貰っておくとよりOK!

 

保護者の髪型について

入学式は華やかさを演出するために、髪型選びも気を付けたいところ。あくまで主役は子供たちなので、華やかすぎる髪型や髪色はNGです。ハーフアップや編み込み、上品なカールスタイルがおすすめ。自分でアレンジができる!という人なら心配ありませんが、入学式向けの髪型が自分でできない!という時には、美容院に予約を入れておきましょう。

 

忘れ物はありませんか? 入学式の持ち物チェック

・上履き(保護者、子供ともに)

・入学証明書など、事前に必要な書類

 

※あれば良かった!というもの

・折り畳み傘やレインコートなど、ポケッタブルの雨具

・水分補給ができるもの

・資料や道具などを持ち帰る可能性があるので、折り畳みのエコバッグ

・三脚(家族そろって写真が撮れます!)

・ストッキングの替え

 

これでOK! 入学式のマナーについて

最後に、気を付けておきたい入学式のマナーをご紹介します。

・式の最中は大きな声でのおしゃべりは控える

・我が子の写真撮影に夢中になり過ぎない、まわりへの配慮を忘れずに

・下の子供がいる場合は、ぐずったり泣いたりしたらすぐに外に出られるようにするなど対処する。できない場合は預けてきたほうが良い。

 

まとめ

大事な我が子の門出の式ですので、ついつい熱くなってしまう方も多いと思います。とはいえ、参加者全員、我が子の門出を祝うのです。他人への配慮を忘れずに、良い入学式を迎えて下さいね!

 

この記事に関連するタグ

 千葉県全域