Now Loading...

マイホームの買い時、いつ?

千葉県全域

2013年12月12日木曜日

オニオン記者投稿

2013年12月12日木曜日

マイホームの買い時、いつ?

ライフコラム

「経過措置」期間を過ぎてしまったけど…

 
2014年4月からの消費増税が決定しました。
住宅購入時における消費税は、基本的に「引き渡し時点の税率」が適用されます。
例えば、マンションの購入を2014年3月末までに契約したとしても、引き渡しが4月以降だと8%の税率が適用されます。
しかし、新築の注文住宅などは、契約から引き渡しまで半年以上かかるのが普通です。
そのため、今年9月末までに契約すれば、引き渡しが4月以降になっても5%の税率が適用される「経過措置」がありました。
 
これにより住宅業界では、9月末に早くも消費増税前の「駆け込み需要」が発生しましたが、何といっても高額な買い物。
しっかり検討してから決めたいと、契約を見送った人もいると思います。

住宅ローン減税枠拡大&すまい給付金新設
 
ただし、「経過措置が過ぎてしまった」=「買い時を逃してしまった」とは限りません。
住宅購入が税率引き上げ後になっても、2014年4月以降の入居の場合、住宅ローン減税枠の拡大が予定されているからです。
現行では、控除の対象となるのは、年末のローン残高の2,000万円まで。
それが消費税8%が適用される2014年4月以降は、4,000万円まで引き上げられる予定です。
 
さらに、年収が低いなどの理由で所得税の納税額が少ない人の場合、住宅ローン減税の拡充の恩恵をあまり受けられない可能性があるため、住宅ローン減税を補完して消費税増税の負担を軽減するものとして「すまい給付金」が新設されます。
 
年収などによっては、制度を利用すれば増税後に買った方が有利な場合もあります。
制度を良く知って、賢く活用しましょう。
※「すまい給付金」に関して詳しくはコチラ
http://sumai-kyufu.jp/

この記事に関連するタグ

千葉県全域