Now Loading...

「初めてのそば打ちは最高でした!」千葉あそび2017夏号プラン参加レポート vol.3

千葉県全域

2017年09月22日金曜日

オニオン編集部投稿

「初めてのそば打ちは最高でした!」千葉あそび2017夏号プラン参加レポート vol.3

2017年09月22日金曜日

千葉あそび夏号プランに参加された貝沼様からの体験レポートです。

“蕎麦名人”松本さんのフォローで
美味しいそばができました!

■プラン名 千葉あそび夏号 プラン1 そば打ち&千葉在来と他品種の食べ比べ
■主催 江戸流手打ち蕎麦  轟そばの会
■参加日時 8月12日(土)11:30~14:00
■プランURL http://news.onionworld.jp/news/post/54717

初めてのそば打ち体験に参加いたしました。「江戸流手打ち蕎麦  轟そばの会」の松本行雄名人をはじめ、会員の皆様が手取り足取り丁寧に教えてくださったので、とてもスムーズにそば打ちの流れを学ぶことができました。

▲「江戸流手打ち蕎麦 轟そばの会」の松本行雄名人と会員の皆さん

この日打ったそば粉は、千葉市の野呂地区で収穫される幻のそば「千葉在来」。これを400gと中力粉100gで二八そばとなります。これは食べ方の黄金比なのだそうです。木鉢でしっかりと練ってグルテンを引き出し、1.5mmまで薄く延ばして輪ゴムの太さで切ります。

▲そば粉を木鉢で練る「水回し」は最も重要な工程なんだとか

そば打ちは繊細で奥が深く、1日でマスターというわけにはいかないけれど、蕎麦名人のフォローが素晴らしいので、とても美味しく出来上がりました。

▲のしていく作業は力加減が難しい!目指す太さは「輪ゴム」!!

他の地域のそばとの食べ比べもできて、そば好きの私にとって最高のひと時でした。さらに、自分で打ったそばを持ち帰ることができたので、家族も喜んでくれました。

▲枝豆をすりつぶした「ずんだ」のつけ汁はそばの味を引き立ててくれました!

全14プラン!千葉あそび2017夏号の詳細はこちら↓

http://news.onionworld.jp/news/genre/chiba-asobi12

この記事に関連するタグ

千葉県全域