Now Loading...

アイスフラワーのアレンジメントに挑戦

千葉県全域

2013年11月05日火曜日

オニオン記者投稿

2013年11月05日火曜日

アイスフラワーのアレンジメントに挑戦

スクール特集

新しいドライフラワー「アイスフラワー」
 
風景がだんだんセピアに染められて、少しさびしい気分になる秋。
そんな季節には、彩鮮やかな花々に癒されるアレンジメントの習い事はいかが?
でも生花はハードルが高いな…と思って二の足を踏んでいる人にオススメなのが、今注目の新花材「アイスフラワー」です。
 
アイスフラワーは脱水・脱色後に色の付いた薬剤を花に吸い上げさせて着色するプリザーブドフラワーと違い、生花をフリーズドライして水分を抜いているので、その花が持つ自然な風合いとと香りが長く楽しめるが特徴。
ベルギーで誕生し、フリーズドライの過程で本来の花の水分が氷となり、昇華されることから、アイスフラワーという美しい名前がつけられました。
 
日本で普及し始めたのは2000年代後半からで、その美しさから「奇跡の花」として世界中のフローリストの注目を集めています。
 
約2時間の体験でオリジナル作品が作れる
 
最近、多くのフラワーアレンジメントスクールで、このアイスフラワーを使ったレッスンを取り入れています。
特に人気なのが、2時間程度のジェルボックス作り体験講座。
ジェルボックスとは、アイスフラワーとジェルをアクリルのボックスの中に閉じ込めたもの。
花本来の繊細な風合いとジェルの気泡のコントラストが美しく、インテリアにもぴったりです。
初心者でも扱いやすく、きれいな作品が作れるのも人気の秘密のよう。
 
その他、趣味として極めたい人はもちろん、副業やインストラクターを目指す人の講座も増えていますので、興味がある人は一度体験してみては?

この記事に関連するタグ

千葉県全域