Now Loading...

保存版 歯が欠けた場合の審美的治療法 木島歯科

千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀・四街道

2016年12月21日水曜日

オニオン記者投稿

保存版 歯が欠けた場合の審美的治療法 木島歯科

2016年12月21日水曜日

歯が欠けた場合の審美的治療法

虫歯などが原因で歯が欠けてしまった場合に歯科で詰める白いものは『コンポジットレジン』と呼ばれています。歯をあまり削ることなく表面に張り付ける感じで見た目にも美しく仕上がりますが、現状のものは歯の先端と隣接面が欠けているとすぐ脱落したり、割れてしまうケースも多く難しい治療法のようです。

今回はその審美的治療法をメーカーと共に開発している木島歯科医院の木島先生にお話を伺いました。

先生は日本レーザー歯学会専門医で且つ、保存治療専門医(虫歯の治療、歯周病、歯の根の治療の専門医)で
あり、大学での学生教育や講演をしたり、東京医科歯科大学大学院にて、レーザーを用いて虫歯を防ぐ方法や、歯周病で動揺している歯の再生(骨の再生)の研究を続け、学会発表や各地で公演をされています。

【写真①】このように歯が欠けた場合、普通はコンポジットレジンを用います。しかし普通に詰めた場合は取れたり、破折してしまう場合が多いので通常は被せた方が良いと勧められます。

【写真②】今回はあるメーカーが作ったコンポジットレジンに、特別な操作で接着しやすいようにして詰めてみました。普通は窩洞(削られた部分)を作らないと歯の表面に接着しにくく外れやすいのですが、この操
作によって剥がれにくい見た目にも本来の歯に近く審美的に治すことが可能になりました。

美しくするには特殊な操作とテクニック、同じ材料を使っても研磨の仕方によってより審美的になり、接着力も強くなります。

またレンジは時間が経つとと水分を吸収することで変色しやすくなるため毎日の歯ブラシがとても大切です。虫歯や歯周病が原因で腫れたりと疼痛があった時には我慢せず早めのご来院をお勧めします。レーザーを用いてできるだけ早く痛みがなくなるよう治療いたします。
疼痛研究センター

木島歯科医院 千葉西警ななめ前
診療時間 9時~13時/15時~20時 木・日曜・祝祭日 休診 P10台
土曜日も夜8時まで治療しております。 千葉市美浜区真砂2-2-7
17時半から18時半までご予約が取りやすくなっております。
℡043-278-3688