Now Loading...

カリグラフィーで美文字を身に付けよう

千葉県全域

2013年05月31日金曜日

オニオン記者投稿

2013年05月31日金曜日

カリグラフィーで美文字を身に付けよう

スクールコラム

グリーティングカードやウェルカムボードに
 
最近、メディアでよく見かける「美文字の先生」書道家の中塚翠涛さん。
彼女のもう一つの肩書は、「カリグラフィーデザイナー」です。
このカリグラフィーの人気が、ここ数年高まっています。
 
カリグラフィーとは「美しい書き物」を意味するギリシャ語で、アルファベットを独特のタッチで書く技術。
その起源は古代ローマ時代まで遡り、デザイン性、装飾性豊かな美しい手書きの文字には他には表現できない美しさがあります。
狭いスペースに書かれても美しく、読みやすいことから、ヨーロッパではグリーティングカードや看板など、さまざまなスタイルで日常生活に溶け込んできました。
日本でも、手書きの温もりがあって実用性も高く、趣味に暮らしに仕事に幅広く生かせるスキルとして、人気が高まっています。
 
 

まずは基本の3書体を学ぼう
 
カリグラフィーの書体は相当数ありますが、初心者がまず学ぶのは「イタリック体」「ゴシック体」「カッパープレート体」の基本の3書体。
スクールや通信講座はもちろん、書店でも複数のテキストが売られています。
カリグラフィーは文字の書き方が独特なので、詳しい書き方が載っているもの、文字の写真が大きいものを選びましょう。
道具は専用ペン、ペン先、インク、パレットなど。
これから始めるという人は安いもので十分です。
上達するにしたがって良いものを増やしていくのも楽しいですよね。
通信講座などでは、道具が付いてくるケースも多いようです。
 
ワンランク上の美しいアルファベットを学んで、大切な人に手作りのグリーティングカードを贈ってみませんか?

この記事に関連するタグ

千葉県全域