Now Loading...

吉保八幡神社の流鏑馬/吉(きっ)保(ぽう)八幡(はちまん)神社(じんじゃ)(鴨川市)

九十九里・大網

2016年09月08日木曜日

オニオン記者投稿

吉保八幡神社の流鏑馬/吉(きっ)保(ぽう)八幡(はちまん)神社(じんじゃ)(鴨川市)

2016年09月08日木曜日

吉保八幡神社の流鏑馬 2016年9月25日㈰予定 ※毎年9月の最終日曜日

疾走する馬上から的を目がけて矢を放ち、翌年の稲作の豊凶適種を占う吉保八幡神社の祭礼神事で、県の無形民俗文化財に指定されています。

この流鏑馬は、鎌倉時代までさかのぼるとも、安房国の国主・里見家が領民に武芸を広めようとして行われたものが始まりだとも言われています。的は、早稲・中稲・晩稲の稲の品種を意味し、長さ約5mの竹の先に取り付けられた1m四方の板で、直線約200mの馬場に3か所置かれます。「称宣」と呼ばれる射手が合計9本の矢を放ち、その矢の当たり具合から豊作・凶作・適種を占います。

各交差点で4つの屋台が向き合い、囃子の競演が披露されます。屋台は、嶋村(しまむら)俊表(しゅんぴょう)や嶋(しま)村(むら)俊(しゅん)正(しょう)など江戸彫工の名工が手がけた作品が多く見られます。
19日㈪㈷は、勝浦漁港にて船渡しが行われます。遠見岬神社の神輿がまちを練り歩いた後、船数隻が岸壁に着けられ、船から船へと神輿が渡されます。

【日 時】平成28年9月25日㈰予定 ※毎年9月の最終日曜日
【会 場】吉保八幡神社/鴨川市仲253番地
【料 金】無料
【交 通】JR外房線安房鴨川駅から鴨川日東バス「吉保」下車
【問い合わせ】  鴨川市役所観光課 新たな観光づくり係 担当:越野 
 ☎ 04(7093)7837/FAX:04(7093)7856
 E-mail:kanko@city.kamogawa.lg.jp

この記事に関連するタグ

九十九里・大網