Now Loading...

【千葉あそび(春)】16 美術作品の「器」である美術館そのものに注目! -魅力探訪-千葉県立美術館 建築入門ツアー

千葉県全域

2015年02月10日火曜日

オニオン記者投稿

【千葉あそび(春)】16 美術作品の「器」である美術館そのものに注目! -魅力探訪-千葉県立美術館 建築入門ツアー

2015年02月10日火曜日

建築に詳しくない方も楽しめるよう、美術館職員が一緒に歩きながら案内します

 

県美を40年間守った屋根瓦製ペーパーウェイトが貰える!

美術作品の「器」である美術館そのものに注目!
-魅力探訪-千葉県立美術館 建築入門ツアー

展覧会だけではなく、美術館の建物そのものも楽しんでほしい!
今年40周年を迎える千葉県立美術館は、ル・コルビュジエの教えを受けた前川國男を師とする建築家・大高正人による設計です。
美術館職員が、建物の特徴や美術館に伝わるおもしろエピソードを交えながら、普段は入ることができないバックヤードや展望台にも特別にご案内します。
「平山郁夫展」とあわせて、美術館を建築と展覧会の両面から楽しんでみませんか?

 
■プランナンバー
16

■設定日
3/8(日)・15(日)・21(土・祝) 各日午前・午後計6回開催

■実施時間/午前の部 10:00〜12:00 午後の部 14:00~16:00

■申込締切
2日前の16時30分まで

■料金
1名 100円(以下、別途料金がかかります) 
※別途、平山郁夫展の入館料(一般800円、高校・大学生400円)が必要です。(中学生以下、
65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護者の方1名は入館料無料)
 

「お守りペーパーウェイト」を参加者全員にプレゼント!

40年間にわたって美術館を風雨から守り続けた屋根瓦(天然雄勝石製)を加工。

  

基本情報

■最少催行人数午前・午後各1名 定員:各20名(申込み順)
■所要時間/2時間
■持参するもの/広大な館内を徒歩で巡り、階段も多数ある為、歩きやすい靴と服装でおいでください。
■集合場所/千葉県立美術館
■住所/千葉市中央区中央港1-10-1
■URL/http://www.chiba-muse.or.jp/ART/
■駐車場/あり(無料) ※満車の場合、千葉ポートパーク駐車場を利用
■アクセス/JR京葉線・千葉モノレール千葉みなと駅より徒歩約10分
■注意事項/小学生以上から参加可(ただしツアーガイドの内容は中学生以上を想定)。雨天催行。中止の場合は前日の17時までにご連絡します。

 

40年の歴史を誇る県立美術館の見どころを、開館時の写真等を交えながら分かりやすくご紹介します! こちらは普段は入れないバックヤードの空調設備です。
(美術館職員の東さん)

 
【主催】千葉県立美術館

 

お申込み方法

電話の場合

千葉県立美術館まで電話する。
予約の際、参加プラン番号をお伝えください。
この参加プランは 16 です。
予約先電話番号 043-242-8311
受付時間:9時〜16時30分 定休日:月(ただし、祝日・振替休日のときは翌日休館)
 

パソコン・スマホの場合

本プランは終了しました

 

ご注意事項

当日、各プランの集合場所へ15分前までにお越しください。
参加料金は、当日現地にてお支払いください。

よくある質問

Q 定員いっぱいの時でも予約できますか?
A はい予約できます。キャンセル待ちでの予約となります

Q キャンセル料金はかかりますか?
A いいえ、かかりません。キャンセルは他の参加者のご迷惑にもなりますので極力お控えください

Q 予約すると何か届くのですか?
A いいえ、チケット等の発行はいたしておりません。電話での申込で完了します

Q 事前の支払いはできますか?
A いいえ、できません。全てのプランが現地での現金払いとなります

・各プランの模様は撮影される場合があります。お客様が写る事もありますのでご了承ください
・各プランへお申込みいただく際にお預かりする個人情報は、千葉あそび編集部が厳重に管理いたします。また、個人情報は次項の目的に限り、お申し込みいただいたプランの主催者へ提供します
①お客様との確認連絡、お問い合わせへの対応などサービス遂行に必要な業務のため
②キャンセル待ちで空きが出た場合や追加設定日を設けた場合などお客様への情報提供をするため
③主催者独自で実施するサービスの情報提供をするため
・情報は2015年2月4日現在のものです。内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください

この記事に関連するタグ

千葉県全域