Now Loading...

イスラム教の観光客が喜ぶまち【千葉自慢】

千葉県全域

2014年09月30日火曜日

オニオン記者投稿

イスラム教の観光客が喜ぶまち【千葉自慢】

2014年09月30日火曜日

このコーナーは……
千葉のことを千葉以外で自慢できるようにするための千葉の魅力とお慶びごとを一緒に探していくコーナーです。

宗教の戒律「ハラール」に沿った食事をおいしく提供し、せっかくの観光訪日を応援!

皆さんは、千葉市がモスリムフレンドリー(イスラム教の戒律などに配慮して食事や滞在時の便宜をはかる構えが強い)な町として注目されていることをご存知ですか?

イスラム教の方は、戒律の関係で豚肉やお酒など口に入れられないものがあります。
日本各地の地域や施設は、皆この宗教的に問題のない食材や調理方法(ハラール)への対応で、イスラム教の方々を取り込もうと必死なんです。

千葉市の場合、海浜幕張にある「ホテルスプリングス」が日本全国のホテルに先駆けた取組の第一人者として実績を誇り、それに刺激を受けたかのように近くの神田外語大学もハラル仕様のコーナーもあるレストランをこの9月に一般開放。
そして、幕張ベイタウンの団体が、イスラム教の方が多いマレーシアからの修学旅行生の子供たちをホームステイで泊めるなど、主に幕張エリアでモスリムフレンドリーの進展が目覚ましいのです。

そういえば、マレーシアでも超有名なイオンの本社も海浜幕張。
私もマレーシアで千葉自慢をしたことがありますが、みんなが一番親近感を持ってくれた(ように見えた)のは、「あのイオンの本社がある町なのか、千葉は!」と憧れ度が増してたように見えましたよ。

※写真はこの4月に「モスリムフレンドリー」認証を取得した割烹「駿河」の天ぷら定食(2500円)。
1000円以下のお弁当などにも相談に応じて準備! JR千葉駅徒歩3分。

この記事に関連するタグ

千葉県全域